杉江リカプロフィール


いのちの大切さを伝え、ターミナルケア、グリーフケアを専門とする

ナースアロマセラピスト 杉江リカ

 

心の不安や身体の不調和に「アロマ」と「心」を通じてアプローチ「手当」します。

 

幼い頃から、活発でリーダー気質。自然の中で遊ぶのが好きで、野花や野草を摘んだりして遊んでいた。

 

10歳の時、マザーテレサやナイチンゲールの本を読んで衝撃を受け人生観が変わる。

その頃から「命」に関わる仕事がしたいと思い、看護師を目指すようになった。

 

高校卒業後、看護学校に進学、21歳で正看護師の資格を取得し県立病院に就職。

初めて配属された循環器内科病棟では、心筋梗塞などの患者さんが多く急変の多い現場。

 

常に冷静な判断と対応を求められ、その経験の積み重ねにより、冷静沈着な性格が今では私の長所。


 

26歳で結婚、子供が出来るまで市民病院の内科外来で働く。その後、長女と長男を出産し専業主婦となる。子育てをしながらPTA活動、地域活動に積極的に参加。

 

病院勤務していた時、大量の内服薬の副作用に悩んでいる患者さんを大勢見てきたことから、自然療法を取り入れることにより、薬を1錠でも減らせないか? と疑問に思いアロマセラピーの世界に足を踏み入れる。

 

38歳でアロマセラピーの資格を取得し、アロマスクール&サロン 「アロマ ルーム ネロリ」を主宰。

セラピストとしてアロマトリートメントをはじめる。

このころ、訪問看護師として看護の世界に復帰。


プロのアロマ講師を育成するかたわら、講師としては企業、学校関係、医療施設でセミナーの依頼を多数受託し好評を得ている。

また、高齢者施設でのアロマ訪問では、症例に合わせたアロマケアを800件以上施術。認知症予防、脳梗塞などの後遺症の予防、浮腫の軽減などを目的としてトリートメントを行っている。

 

ご自宅に伺う訪問アロマ、看取りやグリーフケアでは、「住み慣れた我が家で人生の最後の時間を心穏やかに過ごしたい」と願う方、「人生の終焉をそっと見守りたい」と思うご家族の方に対しての心と体のケアが好評。

 

今後、超高齢化社会において介護される側、介護する側、医療関係者など様々な問題が起こりうる中で、アロマセラピーやタッチングセラピーによって、暮らし、介護、医療の質が上がり、癒しや安らぎがお届け出来るセラピストとして、さらに活動範囲を広げていこうと考えている。


所属団体・保有資格


正看護師

JAA日本アロマコーディネーター協会認定校

JAAアロマインストラクター

JAA介護アロマコーディネーター

ベビーマッサージセラピスト

ヘッドスパセラピスト