1石○鳥の介護アロマ


介護における2025問題をご存じでしょうか?

 

2025年、団塊世代が後期高齢者(75歳以上)、2179万人、全体の18%。

5人に1人の割合です。医療費は1,5倍、介護費は2,4倍。

 

入院、入所できる病院や施設には限りがあるため。政府は在宅での医療、介護、看取りを推進しています。そんな中、核家族化も進み、介護者には孤独がつきものとなります。

 

介護する側、介護される側、双方がストレスなく前向きな気持ちで生活できたら、どれだけ楽でしょう。

 

このセミナーでは、ご自身の健康が維持できる。ご自宅での介護や看取りの不安がなくなる。介護ストレスが軽くなる。などのヒントが手に入ります。

 

少しのコツとアロマの活用で気持ちが明るくなります。

そんな、介護生活をめざしていきましょう。



介護のストレスを少しでも軽減するアロマの使い方 ~1石○鳥の介護アロマ~


こんな方におすすめです

・ご自宅で介護をされている方、または、その予定の方

・自分自身の体調を整えながら介護をしたい方

・もっと明るく、楽しく介護をしたい方

 

・住み慣れた我が家でご家族の看取りを考えている方

セミナーのゴール

在宅介護は24時間体制です。介護する側、される側の両者に負担がかかります。

 

そのストレスが軽くなるヒントが手に入り、前向きな気持ちで介護生活が送れる。



セミナーの内容


 

1、他人事ではない!あと10年後の深刻な超高齢化社会の実情

・現在の介護状況と社会背景

・地域包括との関わりあい

 

2、介護疲れの実例

①不眠

②うつ

③介護虐待

 

3、すぐに役立つ症例別アロマケア

・認知症予防アロマ(朝はローズマリー、レモン。夜はラベンダー、オレンジを)

・呼吸困難の時のアロマ、痰がでやすくなるタッピング

・風邪、インフルエンザ予防のアロマ法

・老人に多い隠れ水虫に効果的なティーツリー

・寝たきりの方への口腔ケア

 

4、「手当の魔法」手を当て、心に寄り添うアロマ術

・心と心が触れ合うタッチングケア

(セロトニン、オキシトシンについて)

・素人でも分かるツボ

 

5、意識不明時の心と肌とのコミュニケーション

・看取りの心得

・グリーフケアとアロマ